どんどん慣らしていく

すぐ導入しても使い慣れていないとあたふたします。うまく活用させるには、社内チャットを徐々に浸透させていくのが良いでしょう。

成功事例をランキングでチェック!

no.1

遠く離れた場所でも連絡が取れた

全国各地の支店でやりとりを行なう場合は、離れた場所でも情報共有と相談ができる社内チャットが良い仕事をしてくれます。導入して良かったとこの時強く思う人は沢山いらっしゃいます。忙しい業種にはなくてはならないツールです。

no.2

外出が多い時に助かった

営業に出かけることが多いビジネスパーソンは、捕まえるのも一苦労です。相談したいことや今すぐ確認したいことがあってもタイミングが悪いなんてことはしょっちゅうです。出先でもすぐチャットが確認できれば、業務に支障を及ぼす恐れはありません。

no.3

安全なやり取りが実現できた

機密情報のやり取りも、社内チャットではなく他のツールを利用して行なわれていますが、個人情報を多く扱う会社や、機密情報のセキュリティを万全にしたい等の理由から社内チャットを導入するのが増えています。管理機能満載のチャットもあるので安全な環境の中で気軽にやり取りができました。

no.4

社員同士の中が深まった

仕事の話だけではなく個人でメッセージのやり取りができるのも社内チャットのメリットです。この影響で普段コミュニケーションを取らない人と会話をする機会ができ、社内全体が和気あいあいしたという成功事例もあります。

no.5

見落としが少なくなった

仕事だけではなく数多くの広告を受診するメールでは、大事な要件を見逃す恐れがあり、逆に効率を落としてしまいます。社内チャットの場合は、グループごとに必要な情報を送ることができるため、業務連絡や仕事に関する情報を見落とすことがなくなります。

上手に活用するポイント

少ない人数から始めてみる

現在提供されている社内チャットに関しては無料で始められるものばかりです。敷居が低いのでお試し感覚で導入ができます。各チャットにあるガイドブックを参考に、少人数でメッセージのやり取りを行ないましょう。

リーダーを配置する

社内に浸透させるには、チャットを管理するリーダー的存在を決定しなければなりません。リーダーを中心に、どのような活用の仕方をするのか、どの範囲でチャットを使うのかを決めていきます。

導入していない場合

伝達を口頭で行なうのが主流だと、急に文字だけのやり取りを行なう場合戸惑うかもしれません。社内チャットワークで業務活性化を狙うなら使用するメリットを上司へわかりやすく伝えて納得してもらいましょう。

使い慣れていない人への対応

機能が豊かな社内チャットは、操作が苦手な人にとっては使いづらいものです。対策としては、質問と相談を受け付けるチャットを新たに作るのが望ましいです。

重要な情報を飛ばす

社内チャットの役割は、必要な情報を全員に共有するためにありますから、できるだけ重要な事はチャットで伝えるよう習慣づけることも必要です。メッセージの通知機能を活用すれば自然と確認するようになります。

社内に浸透させることから始める

女性

誰でも対応できる形にする

業務をする上で困ったことや行き詰ったことがあれば、全体チャットに流すことで誰かが救いの手を差し伸べてくれます。これも立派なコミュニケーションになるでしょう。

回覧板のように活用する

社内チャットの機能にタスクというものがありますが、これを回覧板のように使うことができます。タスクは設定された内容を完了した時にクリニックするものなのでやり忘れを防ぐ働きがあります。

相手を褒める

お客さんからの感謝の言葉や、会社全体が評価された時も社内チャットを使って全体に伝えることができます。これらの声が各社員のモチベーションに繋がるので、社内の雰囲気も良くなり導入前よりも活発になります。